FC2ブログ

文化庁ワークショップも無事に終了


6月末から7月頭にかけてまわった文化庁の巡回公演ワークショップも無事に全行程が終了しました。

コロナウイルスの影響のために、学校によっては子供たちの前でコンサートを行うことができず(そもそも体育館に全校集まることができない学校も)、やむなく映像収録に切り替えた代替措置もありました。
また、学校へ出向いても、出されたお茶にも失礼ながら手をつけることもなく、ピアノや壁、椅子など、わたしたちが触れたものはすべて消毒するという念の入れよう。
いろいろ細心の注意をはらっての2週間でした。

わたしたちが滞在したすぐあとに鹿児島県内でコロナウイルスのクラスターが発生した(もちろんわれわれとは接触がない感染経路でした)り、わたしたちと入れ替わるように大雨が伺ったばかりの地域を襲ったりしました。
実施校の先生方には、そんななか、たいへんお世話になりました。

9月の本公演も、なんとか無事に実施できるといいのですが、なんといっても子供たちと地域の安全が第一。
祈るような気持ちで、秋の公演への準備をすすめてきます。


IMG_20200710_110129.jpg


東京オペレッタ劇場もようやく活動再開です!


2月、3月に予定されていたオペレッタ『パリの生活』が公演中止になってから4ヶ月。
チケット返金の代替措置としてのDVD/Blu-rayの送付作業もはじまっています。
お申込みいただいたお客様にはお待たせしていますが、順次ご用意いたしますのでもうしばらくお待ちください。

さて、ようやく東京オペレッタ劇場としてのつぎの活動が再開します。

毎年参加している文化庁の巡回公演事業のワークショップで、鹿児島県、沖縄県の学校へミニコンサートのために訪問します。
秋に行われる大規模なオペレッタ本公演ツアーのためのワークショップのため、4人だけのちいさなツアーですが、お客様のまえで音楽を披露するひさびさの機会ですね。

訪問先が学校ということで、感染症対策に万全を期してのぞみます。
参加者の事前、事後のアルコール消毒はもちろん、わたしたちが使用した設備なども除菌しなければなりませんね。
会場の換気や、鑑賞するこどもたちの間隔など、先生方と打ち合わせしながら行いたいと思います。

どうやらわたしたちが到着するころから一週間、鹿児島県は警報レヴェルの大雨の予報。
なにごともなく無事につとめをはたせるよう、祈っての出発になりそうです。


幻となった『パリの生活』は映像に!


東京オペレッタ劇場『パリの生活』は、たいへん残念ながら公演中止になってしまいました。
会場となる内幸町ホールに、新型コロナウイルスの影響を鑑みて千代田区からの中止命令が出されたためです。

楽しみにしてくださっていたお客様には申し訳ありません。

構想からは一年、訳詞や楽譜づくりから半年、稽古開始から約三カ月かけてつくりあげてきたものが、あっという間に中止になるとは。
内容的にも東京オペレッタ劇場史上もっとも意欲的な試みに満ちていたので、ほんとうに残念です。

この公演はホールの方々のご厚意もあり、無観客状態での映像収録をすることになりました。
映像はDVD、Blu-rayというかたちで、チケット返金の代替措置として選んでいただけるようにしています。
また、チケットを今回購入されなかったお客様にも、今後販売というかたちで観ていただけるようにしたいと思います。

詳細はこちらをご覧ください。

『パリの生活』公演中止にともなうお手続きについて

なんとかこの混乱を乗り切って、また他ではけっして観ることのできないコンテンツを作っていきたいと思います。
今後とも東京オペレッタ劇場をよろしくお願いいたします。






プロフィール

東京オペレッタ劇場

Author:東京オペレッタ劇場
楽しい音楽劇"オペレッタ"をオリジナルの日本語訳詞と台本で上演する東京オペレッタ劇場の公式ブログ!

【次回公演】

『パリの生活』
2020年2月~3月
内幸町ホール

詳細は公式Webサイトで!

リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム