FC2ブログ

文化庁巡回公演ワークショップ終了!


地震、大雨、猛暑のなか、近畿地方を中心とした文化庁のミニコンサートのツアーが終了しました。
少なからず影響のあった地域のみなさんに、少しでも音楽を通して楽しい時間を届けることができたのなら幸いです。

最終週は、和歌山県をまわりました。

白浜町立椿小学校
日高川町立三百瀬小学校
有田市立箕島中学校

週のはじめにうかがった椿小学校さんは、なんと児童数が3名!
体育館で行われたコンサートは地域の方々も一緒になって参加されました。
普段から、地域の方々に支えられて子供たちが育成され、また地域の方々も学校という文化の拠点をおおいに活用されているさまがよくわかりました。

秋には30名近いメンバーで再訪しオペレッタを上演しますが、3人の素敵なお客様のために最高の演奏をしたいと思います。 

本ツアーの稽古は秋に始まります。
それぞれの地域に、また素敵な音楽を持ってまわれますように。
しばしのお別れですね。




ワークショップ第一周目終了


本日の東京オペレッタ劇場ミニコンサートは、甲賀市での2公演。
柏木小学校さんと大原小学校さんにおじゃましました。

とても残響の長い大きな体育館と、こじんまりとした「木」の雰囲気のある体育館。
響きに合わせて、歌うテンポや話の間などを調整しながらの進行です。

とてもノリの良い反応で楽しんでいただけました。
一旦ツアーは解散し、また来週には4公演を予定しています。

文化庁巡回公演ワークショップ初日


今年もまた、文化庁の巡回公演がはじまりました。
今月と来月は、ワークショップとして少人数でのミニコンサートで17箇所をまわります。

初日となった今日は大津市の膳所小学校さん。
700人の子供たちのまえで、ツアー初日となるコンサートを行ってきました。

元気いっぱいの反応をもらって、また明日のステージも頑張ることができます。
声の出しかた、イメージのしかたについて、子供たちにうまく伝わったでしょうか。
秋の再訪が楽しみです。

明日は甲賀市で2公演が予定されています。
しっかりと身体を休めて、ベストコンディションでのぞめるように!

『瓜生島』初演


東京オペレッタ劇場が別府のビーコンプラザと共同で3年間作ってきた音楽劇『瓜生島』が、無事初演されました。

いまから400年前、地震によって沈んでしまったという瓜生島の伝説をもとに、東京オペレッタ劇場代表の角岳史が台本にまとめ上げ、作曲家の白樫栄子の壮大な音楽により、現代に生きる物語としてよみがえりました。

uryujima_GP1


自分ではどうしようもない状況に直面したとき、ひとはどのように前を向いていけるのか、初演までにかかわった全ての人々が『瓜生島』に込めたメッセージが、一人でも多くのお客様に届いたなら幸いです。


大分合同新聞で初演の様子が記事になりました。

『こうもり』終了

東京オペレッタ劇場としては三度目となる『こうもり』が三日間のすべての公演を終えました。
おかげさまで連日満員のお客様にご来場いただき、こころから感謝申し上げます。
ありがとうございました。

当団体としては初出演となる出演者の皆さんも、お客様からの好評をたくさん頂きました。
もっと公演が続けていられたらねえと、誰もが思った千秋楽。
またの再演を祈って、しばしの休息です。






koumorikinen
プロフィール

東京オペレッタ劇場

Author:東京オペレッタ劇場
楽しい音楽劇"オペレッタ"をオリジナルの日本語訳詞と台本で上演する東京オペレッタ劇場の公式ブログ!

【次回公演】

『こうもり』
2018年2月
内幸町ホール

詳細は公式Webサイトで!

リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム