FC2ブログ

さまざまなお客さまを前にして


巡回公演も、明日から第二週目!
第一週目にひきつづき、よい公演を重ねていきたいと思います。

文化庁の巡回公演事業は、小中学校の児童・生徒のみなさんをお客さまを対象とした学校公演です。

下は6歳から上は15歳までと、ひじょうに幅広い年齢層を対象としているにもかかわらず、おなじ演目、おなじ台本と演出で毎日上演するということには、いろいろな難しさがともないます。

あまり難解なものでは低学年がおいてけぼりになりますし、かといって低学年にターゲットを合わせるようでは高学年や中学生ははやばやとそっぽを向いてしまいます。
事前の打ち合わせなどでも、「一年生にわかる内容なのでしょうか」といったご懸念を持たれる学校の先生方も少なくありません。

でも、「わかる」とはなんでしょうか?
なにかわたしたちの作る舞台に「わかる」べきものがたりがあるわけでもなく、理解すべき正しい意味があるわけでもありません。
それは、ひとりひとりのお客さま(こどもたち)が、自分でちゃんと見つけてくれるものだからです。

もちろん上演にあたっては、わかりにくい概念や言葉を少し噛み砕いた表現にしたり、飽きさせないように構成を考えたりはしますが、基本的にはおとなの観客が劇場で観るのとほぼ変わらないオペレッタを、こどもたちに観てもらうことを前提としています。

それでもちゃんと、低学年は低学年なりに、高学年は高学年なりに、また中学生は中学生なりに、それぞれが『小鳥売り』というオペレッタから、さまざまなものを感じ、楽しみ、感動してくれます。
それは学校の先生方も感じていただけるようです。
年齢の差とおなじように、となりにいる友達と自分の感じるものがまったく違っても、それはとても素晴らしいことだと思います。

そうあるために、わたしたちは毎日、自分たちの音楽を演奏し、自分たちのお芝居をする。
それがどのような意味を持つか、どのようなものがたりになるか、すべてはお客さまのこころのなかで完成することを信じて!


毎日少しづつ違う舞台セット


東京オペレッタ劇場の『小鳥売り』は、公演する学校ごとに舞台セットの一部である「鳥かご」の作成をお願いしています。

それぞれの学校のこどもたちが作った「鳥かご」はどれも個性的で、それをわたしたちが持ち込んだパネルに飾ってして舞台セットが完成します。
そのため、毎日違った舞台セットのなかでわたしたちは上演をします。

次の公演地ではどんな舞台が待っているのだろう。
巡回公演の楽しみの一つです。




20181026160400555.jpg

初日無事に終了!


東京オペレッタ劇場『小鳥売り』ツアーの初日は無事に終わりました。
とてもすてきなお客さまの反応をいただいて、よい舞台になったように思います。

ひとりひとりの出演者の個性も、稽古時よりもはっきりしていたように見えるのは、やはりお客さまに「引き出して」もらっているんですね。

素晴らしい出会いに感謝しながら、ひと公演ひと公演頑張ります!




20181026110252349.jpg

文化庁巡回公演『小鳥売り』ツアーが始まりました!

文化庁巡回公演事業での『小鳥売り』ツアーがいよいよ始まりました。

今年は近畿ブロックで17公演。
初日は志摩の神明小学校さんでの公演です。
一年ぶりの同作品の再演、しかも昨年とはメンバー構成も違うため、またあたらしい『小鳥売り』になることでしょう。
志摩のあと前半は、伊勢市、松阪市、甲賀市、津市とまわります。
どの公演地でも新鮮な気持ちでお客様のために上演したいと思います。

まもなく、開演!


201810250914166f4.jpg
プロフィール

東京オペレッタ劇場

Author:東京オペレッタ劇場
楽しい音楽劇"オペレッタ"をオリジナルの日本語訳詞と台本で上演する東京オペレッタ劇場の公式ブログ!

【次回公演】

『こうもり』
2018年2月
内幸町ホール

詳細は公式Webサイトで!

リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム