FC2ブログ

あなたの(体育館の)いろに染まります!


文化庁巡回公演『小鳥売り』は順調に公演を重ねています。

毎日違う体育館やホールでの公演となるため、その音響的な条件は極端に異なります。
ひとくちに体育館といっても、とてつもなく残響の長い体育館もありますし、逆にほとんど響きのない体育館の場合も。

オペレッタは日本語の歌詞と日本語のセリフで演じられるので、歌手の声が聞こえても、歌詞がはっきり聞こえなければ意味がありません。
歌手のみなさんも毎日苦労しながら歌い方、いい方を変えていますが、舞台の下の楽器演奏者のみなさんもカメレオンのように演奏法を変化させています。
歌とのバランスを取りながら音量を細かく変えていくことはもちろんですが、音の長さを極端に変えたり、弾き方を工夫したりと、その会場にぴったりな、歌がよく聞こえるような演奏をするために細心の努力を続けます。

どれだけ、引き出しを持っているのか、どれだけ引き出しを増やせるのか。
学校での公演ツアーは毎日が新鮮です!

20181108173424a87.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

東京オペレッタ劇場

Author:東京オペレッタ劇場
楽しい音楽劇"オペレッタ"をオリジナルの日本語訳詞と台本で上演する東京オペレッタ劇場の公式ブログ!

【次回公演】

『こうもり』
2018年2月
内幸町ホール

詳細は公式Webサイトで!

リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム